2010年02月05日

お米屋さんとコラボ商品作りました。

DSCN2062.JPG

私がお世話になっている「野口米店」さんは、
守谷市内で地粉を扱っている貴重なお店です。
くるくるりんの地粉もここで粉にしていただいております。
地域に製粉所があることは、本当に感謝です。

野口米店さんでは、守谷産の地粉を販売しています。
お店で製粉しているので、なんといっても粉が新鮮。
この地粉にくるくるりんのレシピを付けさせていただきました。
そう。コラボです。

守谷産地粉は、21年産500g160円で販売中です。
価格もお手ごろです。お早めに!

地粉のほか、草餅用の米粉なども販売しています。
一度、お店をのぞいてみてくださいね!
野口さんファミリーの温かさを感じるお店です。

◆野口米店
http://www.oishiiokome.com
守谷駅八坂口前にあります。駐車場あり。
守谷市中央3−13−5
TEL0297−48−1077
日曜お休み。
ラベル:地粉
posted by じゅんこ at 21:24| ☀| Comment(0) | 食材について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

新小豆ができました!

DSCN1976.JPG

空気のおいしい季節ですね。
鼻からめい一杯空気を吸い込んで深呼吸すると、幸せな気持ちになります。

先週から小豆の収穫が始まりました。
強い陽射しにふーふー言いながら、午前中の数時間、
せっせと熟したサヤを摘み取っています。

小豆の実は、一気に熟すわけではないので、
うちでは、薄茶色(白っぽく)になったサヤだけを摘み取って乾かしています。
サヤのまま数日間、天日干しして、サヤから一つずつ実を取り出します。
作っている量が少ないので、こんな地道な作業ができるのですが…。

サヤの中からは、芋虫みたいな虫たちもいっぱい出てきます。
豆はよほどおいしいのでしょうね。
最後に、虫食いの豆を手で一つ一つ除いて、何日間か天日干したら、ビンに詰めて保存します。

残すところ、収穫はあと1週間といったところでしょうか。
今年は地豆の小豆のほかに、母が大納言も蒔いてくれました。
この大納言、今まで見たことがないくらいの大きさです!

新しい小豆を炊くのが今から楽しみだなぁ。
ラベル:まんじゅう 小豆
posted by じゅんこ at 21:10| ☁| Comment(0) | 食材について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

あんこは、まんじゅうの命。

DSCN1840.JPG

小豆が大好きです。

小豆の煮始めのころ、まるで宝石みたいにみんな個性を発揮して、
一粒一粒、違う色になる瞬間があって、それが好きです。

小豆には、それぞれ個性があります。

人間と同じように、育った環境や乾燥状態、もちろん品種によっても煮え方が違ってくるので、
毎回、毎回、その個性を生かすようにおいしいあんこを作るのは、とてもとても難しいことです。

お砂糖によっても、あんこの出来上がりはまったく違ったものになります。
私はできるだけ白いお砂糖は使いたくないので、
いつも、てんさい糖や三温糖、洗双糖などを使って作るのですが、
どうしても甘さが舌に残るあんこになってしまいます。
茶色のお砂糖はミネラルが豊富な分、アクが出てしまうのです。

あんこは、まんじゅうの命。
あんこが主役で、皮は脇役。
どんなあんこを完成させるかが、私のまんじゅう屋人生にかかっています。
また食べたくなるまんじゅうを、近い将来、皆さんにお届けできることを願って、
あんこ作りに精進します。
ラベル:小豆 まんじゅう
posted by じゅんこ at 18:31| ☀| Comment(0) | 食材について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。